フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 数列 | トップページ | 研ぐ »

2006年5月17日 (水)

KKD

経験(K)と勘(K)と度胸(D)が語源らしい。一般にアナログ回路の世界はKKDだと言われている。したがって、アナログエンジニアが育つのには時間が掛かる。

これでは、腕の立つアナログエンジニアが育ちにくい。電波の周波数領域のアナログ回路はあまり経験がないが、周波数が20MHz程度以下だとアナログ回路は結構、計算にのる。

計算ができるのであれば、ひとつひとつ課題となっている機能を持つ回路をきちんと解析して作れば、レパートリーが増えていく。手口は若くとも、定年近くのエンジニアでもそんなに違うわけではない。20代の私と今の私を比べてどこが違うのか。

KKDの手法に染まれなかった私は、やむを得ず解析できるところまで解析して後は実際に物を作ってみた。判らないところは腕力づくで。

すると、解析モデルと実際と異なる部分が必ず出てくる。この部分の扱い方がエンジニアとしての分かれ道である。違いが判り、不明な部分を不明として保持している執念が必要だが、2度3度類似の問題に出会うと徐々にではあるが、より高度なモデルでいつの間にか考えられるようになる。

問題点の違いをいくつもホールドできるマルチ指向型人間が、解析主導型アナログエンジニア像であると私は考えている。

『人気blog』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回押してください。【押す】

« 数列 | トップページ | 研ぐ »

工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 数列 | トップページ | 研ぐ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング