フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 逆検索は可能か? | トップページ | 個人情報とは »

2006年5月 2日 (火)

チェンジア

エンジニアではなくてチェンジニア。ユニット交換で故障箇所を切り分け修理する人が自嘲的に使っている。でも、出来上がった品物の不具合を切り分け、不良部位を見極めるには安直かつ確実な方法なのです。編集設計者も広義のチェンジニアです。基本的に雛形があって、それをベースにして変更していく。自分の変えた部分だけ注意して集中的にチェックすればよい。

雛形がないことをやるのが開発エンジニア。基本的に目指す目標に対して、本能的に影響の及ぶ範囲を考えながらバランスをとる。

アナログ回路は1箇所変えるとあちこち同時に変えないと回路バランスが取れない。従って、職人芸ともアナログ技能者とも言われ育つのに時間がかかるといわれている。

だけど工学である以上、アナログもある程度解析主導型の設計ができるはずだと思う。

早くアナログ回路技能者ではなくて「アナログ回路技術者」という言葉が普及しますように。

「人気blogランキング」の「自然科学」部門に登録しました。1日1回、そっと押してくださいね。【ここ】

« 逆検索は可能か? | トップページ | 個人情報とは »

随想」カテゴリの記事

コメント

早速のご訪問有り難うございました。
小生もアナログ回路は少々手がけたことがありますので、2006年5月 2日 (火)の趣意は全く同感です。
悲しいかな今や全く遠ざかっていて、面白さと苦労だけが思い出として残っています。
貴殿の益々の活躍を祈念します。
約束のクリック、しておきました。また伺うこともありますので、宜しく・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェンジア:

« 逆検索は可能か? | トップページ | 個人情報とは »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング