フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« アナログエンジニアの独り言 | トップページ | 口頭発表 »

2006年5月10日 (水)

超解像

超解像とは私の感覚で言えば画像処理により、見えにくい画像をより鮮明に見せる技術であると思っている。アナログベースで考えると、S/N比(信号量対ノイズ)を考えなければ、高周波成分が弱まる高域カットオフ特性を持つ画像信号であっても、高域強調の逆関数を掛ければある周波数までは画像の高域成分を再現できる。

アナログの「帯域」はそのあとの回路手段で高周波成分の低下をカバーできる。どこまでできるかは、個々の画像の持つS/N比で決まる。と思っている。こんな荒っぽい表現をするとT大学のA教授から怒られそうだが・・・・。でも教授からのアクセスはないと思うので書いてしまった。

一般的には、画像を見る人の画像に対する印象は、画像のコントラストで大きく左右される。慣れた人なら目を凝らしたとき細部のほのかな弱いコントラストで表現されるデテールに関心を持つ。それが、その画像の持つ大きな情報だからである。画像の第1印象は多くの場合、コントラストと明るさで決まる。しかし、それはアナログ画像処理の加算と掛け算ででかなり制御できる。制御できないのは、ない袖は振れない=S/Nがその帯域で十分あるか否かで決まるのではないだろうか。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回プチッと投票してください。【押す

« アナログエンジニアの独り言 | トップページ | 口頭発表 »

工学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超解像:

« アナログエンジニアの独り言 | トップページ | 口頭発表 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング