フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 黒体輻射の計算 | トップページ | 超解像 »

2006年5月10日 (水)

アナログエンジニアの独り言

周りから見られている私の商売は電子回路屋である。個別部品で組むアナログ回路屋と見られることが多い。しかし、自分としては、アナログエンジニアといまだに思っている。

アナログ電子回路はセンサとアクチュエータと、デジタルシステムの架け橋であるという視点が私を支えている。自分の専門分野はそれを取り巻く周辺分野との橋渡しを最適化するところに大きなトレードオフが存在する。したがって、自分の存在意義は専門を超えたアナログ世界全体視点から評価される。

この理由から、私のブログは「アナログエンジニア」の名称になっている。

アナログ世界は量子の世界/超ミクロの世界に踏み込まない限り、連続量の世界であり、数値を正面から扱うことは少ない。先輩からはいまだに「センサ屋」の世界にどっぷり浸かっているとコメントされている。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。1日1回プチッと投票をお願いします【押す】

私は、アナログ技能者ではなくアナログエンジニアとして生きているつもりである。アナログ世界を技能と見るか技術としてみるかによって、異なる展開となる。技能なら伝承の世界である。技術者の世界と見ればエンジニアの世界=戦略を記述し2007年の団塊の世代の退職時期を連続的に切り抜ける手段がある。

いつの日か、共著でよいからセンサ/アクチュエータに関する本を出したいと思う。

« 黒体輻射の計算 | トップページ | 超解像 »

工学」カテゴリの記事

随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログエンジニアの独り言:

« 黒体輻射の計算 | トップページ | 超解像 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング