フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 久しぶりにフィールドアーチェリー | トップページ | 数列 »

2006年5月15日 (月)

桐の花

今日はいつもと違う道をドライブした。道の左側にかなり大きな桐の木があり花が咲いていた。葉はまだ大きくない。

桐の花は藤よりもう少し赤みがさした紫色の花が房状に上に向かって咲く。華やか薄紫色の花。

桐材はバルサ材より少し硬く、少し重いので、ゴム動力飛行機では翼のカーブをつける材料によく使う。軽量で強度の高い木材だ。おなじみの桐箪笥もこの木から作る。桐は成長が早く20年で伐採可能になる。古くから言われていることだが、土地持ちに娘が生まれると、桐の苗を2本植えるという。桐の成木が2本あると嫁入り箪笥が作れるそうだ。娘の成長とともに、同時に適齢期を迎える成長の早い木が「桐」である。その子の誕生の時に植えた記念樹が、一生の女の持ち物である嫁入り道具の材料に使われる。なにか心にジーンと来る伝承だ。

数年前までの通勤コースに桐の林があった。私の地方では、桐の花が先にでて、後から葉が出てくる。今が桐の花のシーズンのようだ。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回プチッと【押す】

« 久しぶりにフィールドアーチェリー | トップページ | 数列 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐の花:

« 久しぶりにフィールドアーチェリー | トップページ | 数列 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング