フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« アナログの世界 | トップページ | アナログエンジニアの独り言 »

2006年5月 9日 (火)

黒体輻射の計算

黒体輻射のプランクの公式 :波長の5乗分の1と指数関数に波長分の1が掛かった有名な公式ですが、広い範囲できれいな図を示している本は意外に少ない。

公式はよく知られているのだが、実際に計算してみると、計算途中で10の300乗程度の数値がでてくる。したがって、関数電卓や普通の表計算ソフトでは、桁あふれが起こるので計算できない。したがって、黒体輻射の図を自分で計算して公開している本は意外に少ない。

きちんと計算した人は、図の出所がわかるに違いない。

友人に多倍長の数値計算プログラムを作ってもらって、やっと計算できた。

他人の図表をみだりにコピーして公開すると著作権侵害なるかも。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回プチッと押してください。【押す】

« アナログの世界 | トップページ | アナログエンジニアの独り言 »

工学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒体輻射の計算:

« アナログの世界 | トップページ | アナログエンジニアの独り言 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング