フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 矢は弓なりに翔ぶか | トップページ | アナログエンジニアは主役か? »

2006年5月24日 (水)

最終講義

社会人になってから何度か、最終講義を聴いたことがある。

最終講義では、その教授が研究者としてなにができてなにができなかったかという自己評価も行われる。ある自動制御の大先生は、システムのモデル次数を順次あげていくと、低次の係数も大幅に変化するとの話題を取り上げられていた。近代制御理論ではマトリックスの次数を上げていくと、低次の項の係数が大幅に変化するという話だったと思う。

センサでは、0次項である無信号時の出力レベル、1次項である感度係数、2次項である非直線性(計測用語ではnon-linearity)などと順次高次項を付加する形で、特性を表現する。

変域をx=0~1とすると、y=k0+k1・x+k2x(1-x)の形で非線形性までを表現できる。

では、その先はというと、y=k0+k1・x+k2・x(1-x)+k3・X(1/2-X)(1-x)の関数で表現すると高次項がそれ以下の低次数項に影響されない関数形になる。1点のデータがあれk0が決まり、2点のデータがあればk1が決まり、3点のデータがあればK2が決まる。この方式では3次項までは直交関数形となるが、4次以上は工夫をしないとうまくいかない。

モデルの精密化はより低次のモデルからの偏差を次第に修正していく視点が必要だが、腕力ずくの次数の高度化には問題をはらむ。測定精度の誤差を考えるとき、低い次数の係数が安定に求めることができる手法が開発されれば、次数の高度化に伴う不安定性の問題を解消できるのではないか・・・・。

直列システムと並列モデルの問題もある。伝達関数は直列モデルには有効な手法だが、並列システムであるPID制御に適用すると見通しの悪い関数形になるのではないか。工業用制御でよく使われるPID制御の意味をまだ良くわかっていないアナエンである。ラプラス変換は並列系では見通しがあまりよくない。

モデルを高次化するなら、より低次のモデルとできることなら連続性を保って欲しい。それがアナエンの願いである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。リンクの【押す】と私のサイトに1票が入り、画面が『人気blogランキング』に遷移します。「自然科学」部門ではおもしろいサイトがたくさんあります。

« 矢は弓なりに翔ぶか | トップページ | アナログエンジニアは主役か? »

工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終講義:

« 矢は弓なりに翔ぶか | トップページ | アナログエンジニアは主役か? »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング