フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 壊れた家電品 | トップページ | 久しぶりにフィールドアーチェリー »

2006年5月13日 (土)

複合センサ

複合センサの先駆的文献に兼安昌美氏の「厚膜集積ガスセンサによる臭気検知の一方式」SICE講演会(1983)がある。選択性は強くないが種々のガスに異なる感度を有する複数のセンサを基板に形成し、複数のセンサからの信号比と信号強度をを利用してガス種とその濃度を検出した、たぶん日本最初の論文である。

センサ関連ではかなり有名な論文であり、同様の考え方はにおいセンサにも取り入れていられているものと私は考えている。多くのセンサは選択性と高感度を目指すことが多いが、この論文では、選択性の概念を拡張してマルチ感度で異なる選択性を利用するという新しい概念を提案した。

しかし、センサの能力を発揮させる限界は選択性ではなく、校正可能な時間間隔期間での安定性であると思う。デジタル全盛の現在、信号処理は相当高度な方式でも小さいシステムでも実用に耐える。時間変化は検出し補正することが非常に難しい。ほとんどのセンサの補正は経年的安定性を前提にしている。

人間の5感に相当するセンサ部分は、まさにアナログの世界であり材料物性と物理・化学現象を利用した現物の世界である。形あるものは時間の尺度を別にすれば、いずれ安定状態である土に帰る。この土に変えるまでの時間を長くする技術が信頼性工学、信頼性技術ではないだろうか。

『人気blogランキング』の「自然科学」分野に登録しております。1日1回ソーと押してください。【押す】

« 壊れた家電品 | トップページ | 久しぶりにフィールドアーチェリー »

工学」カテゴリの記事

コメント

科学には無縁のほぼ団塊世代の今年56歳
昨年からちょっと途中下車して父の日記を公開しながらスローな人生を楽しんでいます。今日の日本発展の原動力となった団塊世代のネットワーク全ての分野で拡がるよう、そしてそれが今後の人生の原動力になればと思っております。
お気に入りに登録、1日1回人気ブログランキング応援します。

yamaguchi様、家主の5513です。
団塊の世代のネットワークを広げる。若い世代の応援もできればなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複合センサ:

« 壊れた家電品 | トップページ | 久しぶりにフィールドアーチェリー »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング