フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 自分の足跡 | トップページ | サーミスタ回路 »

2006年6月 3日 (土)

前を走る車

大きな荷台のトラックが自分の車のすぐ前を走っていると、交差点の信号がよく見えないことがある。ひょっとすると信号はすでに黄色になっているかも知れない。こんなときには、斜めの方角にある歩行者用信号を確認することが、交通の危険予知の方法の常套手段である。

同じような場面がアナログエンジニアの開発でも時々生じる。単純に追いかけるだけでは、先行する車と同じ行動になりがちである。熟知したホームグランドの道であれば、その道を運転するときの危険箇所はわかっている。しかし、初めて走る道で、前を走る車が大きいときには前方の車に視野を遮られて先を見通しにくいことが多い。

このような場面で、個人では運転者が日常やっているはずの交通危険予知の感覚・注意のコツが発揮されにくい。失敗の確率を下げるには、普段から開発の危険予知能力を磨いておきたいと思う。

多くの交通事故は、2つ以上のミスが重なって発生するといわれる。車を運転していると1000kmに1回くらい、ちょっと注意不足だったと反省する場面がある。注意不足の頻度が高いと、事故の確率が急激に増える感覚である。要因が多いと、要因の累乗で効くから、さほど負担にならないそれぞれの少しの改良が安全運転に大きく寄与するように思う。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。1日1回そっと押してください。【押す】

« 自分の足跡 | トップページ | サーミスタ回路 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前を走る車:

« 自分の足跡 | トップページ | サーミスタ回路 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング