フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 今週の生活 | トップページ | hパラメータ »

2006年7月25日 (火)

非直線性

学術用語集計測工学編には、直線性(linearity)の用語がある。

巷では、多くの場合直線性=0.5%などと表記する。しかし、実はこれ、理想直線からのずれを示しているのだ。理想直線との合致度で表現するなら、直線性99.5%と表記したほうが概念と一致する。

直線性=0.5%となどの表記は、非直線性すなわち直線からのずれnon-linearityが看板に偽りなしの表現だ。だが、非直線性の用語は一般的ではない。しかし、理想直線からのずれを表現したいときには、多くの計測器メーカーが嫌う?非直線性の言葉を使わないと、論旨が通らない。

理想直線の引き方にも色々ある。ひとつはターミナルエンド:0点と100%点を結ぶ直線からのずれ量で表現する方法、もうひとつは、ゼロベース:0%点は固定して、非直線性が最小になる直線を基準にして非直線性を表現する方法、最後はベストフィットの直線を理想直線としてそこからの偏差を表現する方法である。

誤差の次数にもよるが、定義次第で2倍以上異なる場合もある。要注意である。

非直線性の表現方法/定義次第で、センサの主要な仕様のひとつである「直線性」の値が倍変わる。たかが定義であるが、開発者にとっては死活問題である。だけど、他社の定義は、わが社の定義は・・・といったところで説得するのは簡単でない。(誰を?)

センサ/計測器にはさまざまな理想からの偏差、経年変化等々を表現する言葉がある。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。梅雨明けが遅れているけど、今日も元気に【押す】

よろしくお願いします。

« 今週の生活 | トップページ | hパラメータ »

工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非直線性:

« 今週の生活 | トップページ | hパラメータ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング