フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電圧計の入力抵抗を測る | トップページ | 弓を持たずに射場へ »

2006年7月14日 (金)

振り子の周期

振り子の周期Tが重力加速度をg、糸の長さをLとして

T=2π√(L/g) となることは高校物理で習い、大学では微分方程式のところでもう一度習う。

理系の人はおなじみの公式である。しかし、具体的な計算結果は案外覚えていない。

100cmの長さの振り子が周期2秒だから、真ん中を横切る時間が1秒となる。1mで1秒の時間を簡単に得ることができる。アナログエンジニアはこの数値を覚えているのだ。

5円玉と絹糸があればすぐにデモンストレーションができる。100g程度の錘をつかい、10周期ほどの時間を測定させて、その場で重力加速度を逆算させてみるのも、学習効果UPに繋がる。

**

地上での重力加速度は約9.8m/s^2なので、細かいことを言わなければきれいな数字になるのである。

9.8=0.2*7*7なので、電卓を使用しないでも開平できる問題が高校物理ではよく出題される。

**

クレーンのオペレータは移動パターンを工夫して、さっと移動しても大きなゆれが残らないように操作している。CPU制御の大型クレーンでは自動的にそのパターンを生成して揺れの少ない荷物の移動を行っていると聞く。振り子運動の感覚はその出発点である。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日もよろしくお願いします。【押す】

« 電圧計の入力抵抗を測る | トップページ | 弓を持たずに射場へ »

工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電圧計の入力抵抗を測る | トップページ | 弓を持たずに射場へ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング