フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 弓を持たずに射場へ | トップページ | 福島へ日帰りドライブ »

2006年7月16日 (日)

アナログテスター

固定磁場の中で電流の流れる可動線輪が受ける力とばねがの力がバランスする位置を指針で表示する方式のテスターである。

その基本特性は、最小レンジのDCV/最小レンジの電流でわかる。例えば、0.1V/50μAであれば、フルスケールの電流が50μAでそのときの電圧降下が0.1V:2kΩの抵抗をもつ50μAフルスケールの電流計が基本部分である。

1Vレンジは無いが、1Vを測るなら、1Vで50μAが流れるように18kΩ+電流計の抵抗2kΩ=20kΩの入力抵抗にすれば、1Vが測定できる。同じ論法で一般化すると、この計器は20kΩ/Vである。DCの250Vの電圧測定レンジなら、5MΩの「入力抵抗」の電圧計となる。デジタルテスターのこのレンジはふつう10MΩであるから、そんなに見劣りするものではない。

kΩ/Vこそ、アナログテスターの電圧レンジのキーワードだ。しかも、この数値はテスターのムーブメントの近くに記載されている。取り扱い説明書で確認する必要はない。

電流レンジでは、このテスターの場合0.1Vでフルスケール電流が流れる。電流計本体の2kΩを考慮して並列分流抵抗の値を定めれば、250mA程度まで楽に測定できる。このときの電圧降下はフルスケールのときレンジによらず常に0.1Vである。電流測定における、測定に伴う影響を簡単に把握できる。

抵抗測定モードでは、内臓の1.5Vか3Vの電池により、オームの法則に従いR=V/Iで表示するので、左側が高抵抗、右側が0Ωの表示となる。これで20MΩの抵抗まで何とか測定できる。

アナログテスターは基本に忠実な測定器である。原理を把握していれば嘘をつかない計器:それがアナログテスターだ。そして、指針式アナログ電流計の憧れのアイテムがYEW製17レンジ計器であった。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。蒸し暑い日々ですが、元気を出して【押す】

« 弓を持たずに射場へ | トップページ | 福島へ日帰りドライブ »

工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログテスター:

« 弓を持たずに射場へ | トップページ | 福島へ日帰りドライブ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング