フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« コンタクト | トップページ | 獲る猫、獲らない猫 »

2006年8月 2日 (水)

ヒステリシス

過去の履歴を背負った入出力特性がヒステリシス特性である。ばねに強い力を加えると完全には元に戻らず、少しだけ伸びた状態になる。このような荷重条件で繰り返しストレスを掛けると破断することもある。

電子回路では、正帰還を掛けることにより入力電圧を上げていくときと下げるときで異なる入出力特性を安定に出すことができる。演算増幅器を用いたヒステリシスコンパレータ回路を組めば、行きはVTHでカクッと変化し、帰りはそれより低い電圧VTLでカクッと変化する。

トランジスタで組むなら2石+抵抗少々+コンデンサ1個でヒステリシスコンパレータを組むことができる。回路定数をうまく選べば、少しだけジワーと出力が変化したあとスパッと遷移する。通常、帰りはジワーが無くてスパッと戻る。

回路原理を懇切丁寧に説明した後、2石エミッタ結合シュミットトリガ回路の入出力特性を未経験者に測定させたらどうなるか。きちんと昇圧時と降圧時の軌跡を測定できるかなー。ちょっと疑問。

この回路方式はTTLのゆるいレベル変化を許容するシュミットトリガ入力回路にも広く使われているのだ。

行きと帰りの軌跡が異なる測定対象も多くある。私はサイラトロンの学生実験でこの現象を早い時期に経験できた。センサの世界ではヒステリシスの大きさも重要な関心項目である。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気に【押す】

我が家の水槽に3mmほどの赤ちゃん熱帯魚が泳いでいるのを見つけました。目が大きくて、不器用に泳いでいます。確認したのは1匹。

« コンタクト | トップページ | 獲る猫、獲らない猫 »

工学」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒステリシス:

« コンタクト | トップページ | 獲る猫、獲らない猫 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング