フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 金属箔抵抗 | トップページ | トリックアート »

2006年8月 5日 (土)

ガラスのザラメ

私の車通勤コースにある交差点。2車線+αの道に、交通量の多い県道が交差している場所だ。通勤の往路には、私はこの道を左に曲がる。

まだ薄暮時の帰宅のときに、この交差点にザラメ状のガラスの破片が広く散乱しているのを見た。ザラメ状のガラスは、急冷強化ガラス特有の割れ方だ。

自宅に帰って考えてみた。ガラスの破片はたぶん車のフロントガラスの破片だろう。しかし、破片の散乱している位置は、2車線+αの側の、左折れコーナー付近にある。交差点の左折れは比較的安全な進路方向のはず。交差点中央付近なら色々なケースを容易に想像できるが・・・・。

どのような場合に、あの位置にガラスが散乱すするのだろうか。素人的に考えれば単一の事故では解釈が難しい。もうひとつの事故、オフセット衝突で飛ばされた車がガラス破片を残した車に衝突した?素人が想像できるのはここまでである。

何年か前、4車線道路を走っているとき対向車線から自車の方向に車が跳ね飛んできたことがある。1秒に満たない時間差でセーフだったが、タイミングが悪ければ避け切れなかったと思う。

ふつう、交通事故は2つ以上のミスが重なったときに発生する。多くの場合、一人の錯誤運転を別の人がカバーしている。交通事故は見た目ほど単純ではないと思う。交通事故解析を生業としているプロもいる。

そのひとから聞いた話であるが、交通事故は事後に悪意が始まるとの評が印象的であった。

世間を騒がせる報道の多くは、明らかにカタストロフィの前から悪意・作為が交錯している。事後に悪意が始まるとは的を得て然りの表現だと思う。交通事故も事件も痕跡はなにか残る。悪意の言い分が交錯する交通事故解析の専門家は、人と車の運動・行動を熟知したプロであると私は尊敬している。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。安全運転の証に1票を 【押す】

よろしくお願いします。

« 金属箔抵抗 | トップページ | トリックアート »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラスのザラメ:

« 金属箔抵抗 | トップページ | トリックアート »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング