フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 続 hパラメータ | トップページ | 実りの秋 »

2006年8月30日 (水)

出版

出版社の編集長から契約書が届く。いつもと同じ条件だ。三文判でも良いのだが、いつもと同じように2通の契約書に実印を押し、さらに2通の契約書に割り印を押す。

著者はこれで、著作の内容に関して無限責任を負う。自分にとって一応厳かな気持ちになる瞬間である。

執筆開始からちょうど1年で私の新しい著作が店頭に並ぶ、 筈だ。

・・・・。

・・・・。

間違いはゼロにはできない。仕上がり184P、図表も含めて約20万字相当だ。良くて数件の校正ミスが残るだろう。私の本はNo1を目指す性格の本ではない。Only oneを目指している。現在のこのblogの性格と同様である。

著作に当たって、内容をどこまで書きこむか、どこまで断定するか、その裏づけをどう取るかが最初の課題である。次の課題は、特定の会社に所属する人間としてどこまで技術的問題とその解決案を提示するかの悩ましい問題がある。

今回の著作は、電源回路の基礎的な問題を設計サイドから記述したものである。立場上書けなかった部分もある。しかし、この記録は読んでいただければ学ぶ方々にとって、まとまった設計手法・解析方法の取得に役立つと考えている。

著作には、書く能力とともに書ける立場であるか否かも大きく影響する。そんな目で実務書・技術書の行間を読み取っていただければ、著者としては至福である。少なくとも Only one を自負して新しい視点を提案する。それが、いつの間にか著者になっていた私の、読者としての本の読み方の提案である。

今度の本のまえがきの最後の行に、日本語の本としてはイレギュラーであるが次の一行を入れさせていただいた。

「同世代の技術者に感謝し、教えていただいた人達と教わる人達に捧げる」

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気に貴重な1票を私によろしくお願いします。【押す】 

区切りの写真

Photo_3 百日紅(赤)

射場の70m地点付近、西方向にあります。

« 続 hパラメータ | トップページ | 実りの秋 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出版:

« 続 hパラメータ | トップページ | 実りの秋 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング