フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 水とコーヒー | トップページ | 中文の回路教科書 »

2006年9月22日 (金)

スバル360

1970年前後、私はこの車に乗っていた。富士重工製。

エンジンは強制空冷式2サイクル2気筒。スバル360のキーワードで検索して再確認。記憶に間違いは無い。

私が乗っていたスバル360は、屋根にプラスチック材料を用い、モノコックボディの黄金虫、いや通称てんとう虫。

私の車は、オーバードライブ付き3速で、うまく使えば6速のシフトが出来る。

この車、低速でのエンジン性能がよく穏やかな運転が可能であった。なつかしの名車であった。この車、サスペンションがソフトに設定されているためか、ブレーキング時のノーズダウンが激しい。

一般道を100数10km走って、東京へ。それなりの注意を払って、トラックのバックストリームに入る。エンジン音が静かになる。お勧めできないが、この手法で燃費節約し効果を上げた。

スバル360、私の最初に所有した車。なつかしの名車。私のブログの読者の多くの方はこの時代以降に生まれた方ではないか。

Photo_16 スバル360、最近まで町のスバル店で実物があった。今はもう無い。当時としては航空機技術も取り入れた斬新なデザインのおとなしい運転を期待した車、それがスバル360なのだ。

この車の運転感覚は忘れ得ない。その設計者達に改めて感謝の意を表したいアナログエンジニアである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。ナツメロ的テーマですが、今日も元気に貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

←スバル:プレアデス星団

撮影データ:f=600mm F=5 自作反射望遠カメラ使用、UVフィルタ、フィルム103ae,

1978.12.3 20:40~20:45 5分間露出

« 水とコーヒー | トップページ | 中文の回路教科書 »

工学」カテゴリの記事

随想」カテゴリの記事

コメント

5513さま、
うわー!! お隣さんのおじさんがオーナーでした。
(自動車学校の先生ドライバーさんでした)

で、わが父はその後、「マツダ360」を
購入しました。

遠出をして、当時の悪路や急な坂道(上り)では
とおおおおっても怖い思いをしました。
「神様、どうか、ボクは死んでもいいから
 両親や弟たちは助かりますように」と
祈ったことが何回あったことか。\(^o^)/

「チョーク」がついていた車ですからねー
--------------
おお!やはり、ガイド撮影もされていらっしゃいましたかー!
それに、「103ae」とは懐かしい!
「水素増感」「テクニカルパン」などと
「天文ガイド」を読みながらあこがれた
用語さんたちです。\(^o^)/
はは、ものぐさオヤジ、実践はともないませんなんだ。○| ̄|_

一時期、(当時は田舎町のカメラ店でも注文できた)フジのX-rayフィルムで
静止撮影、現像タンクでの現像をやってましたが。

103aeは冷蔵庫で保管していた記憶があります。

5513さん、こんばんは。

私は運転したことありませんが、懐かしい車です。
あの車は便利な車で、軽いから手で押しながらエンジンをかけていたのをよく見かけました。かなりポンコツになっても乗れましたね。

mako様 こんばんは。
次に乗った車はM社のスポーツタイプの軽でした。高トルク域が高回転側なので、いつもレッドゾーン近くまでギアチェンジをしないで運転していました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバル360:

« 水とコーヒー | トップページ | 中文の回路教科書 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング