フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 60歳の愛車 | トップページ | レーザーポインタ »

2006年9月25日 (月)

坂東太郎のうなぎ

最近、食が細っているのでいつもの鰻屋さんへ。

お店の名は「東條」、リンクを貼ってあります。

いつものように、女将さんと世間話をする。この前は日本酒の話題だったが、今日は蒸留酒の話題からいつの間にか妻に先立たれた夫の話題となる。

ここの鰻の蒲焼あっさりとしていて、とても美味しい。そして、食事の後自宅に戻ると、体が心地よく温まり元気が出てくる。それで、時々このお店に行くのだ。

焼き方も入念であるが、ここの鰻は育て方が違うのだ。「うなぎ坂東太郎」を使用しているのだ。素材が良いので、調理法にごまかしは無い。

食欲がなく、体力を温存したいときに必ず私の行くお店:それが「東條」

初めての食べ物ネタでのエントリーです。お近くの方にはお薦めです。

Photo_18 『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気を出して貴重な1票をよろしくお願いします。

【押す】

←「うな重の上」の大写しを出す予定だったが、写真データが消えたので家主も写っています。

« 60歳の愛車 | トップページ | レーザーポインタ »

日記」カテゴリの記事

コメント

鰻の「東条」、こんな処があるとは初めて知りました。さぞかし味が良さそうですね。値段からしても格が一段上のようで・・

私も鰻と言えば「東条」ですが、同じ東条でも水戸下市(本町3丁目)の東条です。ここも結構美味しく、水戸では一番口に合ってます。

あそこは撮影の時よく通る場所です。一度行ってみようと思います。

尚、リンク有り難うございました。

mako様
水戸近辺では、うなぎ坂東太郎を使用しているお店はここだけらしい。東条と東條はゆかりがあると聞いた。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂東太郎のうなぎ:

« 60歳の愛車 | トップページ | レーザーポインタ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング