フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« カメラレンズの解像度 | トップページ | 反射望遠カメラ »

2006年10月 5日 (木)

フィールドスコープ

屋外、雨天で使用できる多目的地上望遠鏡をフィールドスコープと呼ぶ。

私の愛用品はN社製対物レンズ径60mm、特殊低分散ガラスを使用したものだ。多分アポクロマート(3点色消し)の対物レンズだ。本体と接眼鏡はそれぞれ防水仕様。アーチェリーの着弾確認用におもに使用するので、全反射プリズムを用いた傾斜型にした。倍率30倍。見掛け視界は72°もあるので、30倍でも実視界は2.4度ある。30m先の直径1.3mが鮮明に見える。

アイレリーフは18mmもある。眼鏡をかけたまま、目の位置を動かさずに全視界がみえる。

この組み合わせが私のこだわりの選択。研磨しにくいEDガラスを対物の2枚目か3枚目に使用しているので、安いものではない。他のメーカーのアクロマート品に比べて約4倍の価格である。

合焦機構は手袋をした状態でもきれいにフォーカスできる操作性も併せ持つ。

わたしは、一時光学機器メーカに在籍したことがある。大学とあわせ1年以上光学を学んだ。それで、90m先の5mmの矢筈を鮮明に確認でき、30m先の80cmの的全域が眼鏡をかけて見える仕様のANDを選択したのだ。

ズーム接眼鏡は見かけ視界が半分近くになるので、30倍で 約60倍ワイドを使ったのと同じ視野となる。ズームの意味が薄れる。ED仕様はおまけだ。しかし、明らかにED仕様で像のにじみが少ない。

_0954 光学図は美しい。このフィールドスコープの図面を手に入れたくて1週間ほど手を尽くしたことがある。窓口は親切であったが、しかし、手に入らなかった。

いつか、このような光学図を自分の書斎に飾りたいものだ。カメラレンズならレンズの光学図は公開されているのだが・・・。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も、違いのわかるアナログエンジニアに貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« カメラレンズの解像度 | トップページ | 反射望遠カメラ »

「アーチェリー」カテゴリの記事

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/3629996

この記事へのトラックバック一覧です: フィールドスコープ:

« カメラレンズの解像度 | トップページ | 反射望遠カメラ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング