フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« とんかつ屋さん | トップページ | 超高抵抗 »

2006年10月26日 (木)

尻尾を掴む

エンジニアとしての資質の評価は30分以内で判る。会話の論理性と技術力、応対能力から判断できる。過去の実績からは95%以上の確率でその判断は維持される。不誠実な人間にはそれなりの防御を行う。多重チェックも行う。

私は出会いの結果が否定的で合ったとしても、しばらくの間はきちんと付き合う。それが大人の社会だ。

あまりに、ひどいエンジニアに対しては、絶対的な証拠を握った上で、最後の弁明の機会を与える。そのときには、私の設定した逃げ場か嘘を貫き通すかの選択枝しか与えない。

私は人事権を持たないが、この結果、アナログエンジニアは心ある層(社長から現場作業員まで)に影響力は行使できる。これが独立エンジニア精神をもつ男のポリシー。

最後の確認。ここで逃げた管理職・エンジニアには明日はない。緩慢な活動の場の縮小があるのみだ。だが、最小限生き延びる余地は残すのが常だ。社会には様々な人が居る。それなりに共存する必要がある。

私はこの手法をすでに数回以上使っている。

様々なパターンがあるが、不誠実なエンジニアは周囲の人間を不幸にする。

不勉強で凝り固まったエンジニアに対しては、「お前がやらないなら、俺がやろう!、その仕事は簡単だ。お前が言う日時の1/3でやろう」

数週間後、私の予測の裏が取れ、開発課題と問題点もわかった。この時点でそれらのエンジニアの発言権は限りなく小さくなる。

問題点に反応しないエンジニアも残念ながら多数存在する。反応する繊細さがないか、問題点を解決する手段を持たない人が多い。そのような方の現実的成功率は長期的に20%を切ることが多い。

成功率の低いエンジニアはそれなりの考え方と不努力の結果、成功率が低いのだ。柔軟性にも欠ける。そのような方も存在できる会社は多くある。

Photo_37 数値的評価、実力評価が標榜される咋今であるが、私は成功しない、あるいは長期的に見て成功率の低いエンジニアは判断と実務を必要とする場面からの退場を願う。経営者に必要なセンスは今、激変しつつあるが、最も重要なことは、誠実であること、成功率を高めるエンジニアを大きく評価することだ。

社長といえども、不誠実なグループならば数年のうちにその事業を縮小するくらいのことはやっていただきたいものだ。そのようなグループには、教育システム:伝承の努力はないし、使える過去のデータも存在しない。本人達に都合の良い文章が断片的に存在するだけのことが多い。

アナログエンジニアにとって易しいことを困難な技術という。数年経過しても進歩しない。ならば、私がやる。技術的必然性と勝負どころ、必要な機材、時間を総て見積もり、現在わかっていることから言えるビジネスの形態を提言する。

その上で、上層部の判断を仰ぐ。これが卵を産むアナログエンジニアの流儀のひとつだ。

計測技術と、センサ・アクチュエーターシステムおよびその基本性能を左右する信号処理を生業とするアナログエンジニアはこのようなことも出来るのだ。そこが素人SEとアナログエンジニアの違い。

間違いはいつでもどこでもある。随時自分の根拠を確認しつつ、ひとつのピラミッドを創る。これがアナログエンジニアの世界だ。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気を出して貴重な1票をよろしくお願いします【押す】

押しますと、私に1票が投票され、画面が「人気blogランキング」自然科学部門に遷移します。多重投票を回避するため、IPアドレスは取得されますが、公開されません。

« とんかつ屋さん | トップページ | 超高抵抗 »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/3926988

この記事へのトラックバック一覧です: 尻尾を掴む:

« とんかつ屋さん | トップページ | 超高抵抗 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング