フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 世界史と物理 | トップページ | 陸橋工事 »

2006年10月31日 (火)

パワーウインドウ

先週から愛車のパワーウインドウが誤動作する。

Photo_41 低温、少し窓を開いた状態から運転手席側の窓を一気に閉めると、一瞬閉じて窓が半開きに戻る。チョコチョコと窓ガラスを上昇させれば一応しまる。

運転手側窓のはさみ込み防止安全センサの誤動作である。

厳寒時なら運転に支障が出る故障モードである。車が温まった状態ではこの現象は出ない。

予測される不良事象は、挟み込みセンサの調整状態が故障寸前の状態にあると判断できる。センサは恐らくトルク検出方式。パワーウィンドウの動力源にはDCモータが使用されているので、トルク=電流検出機構が不調なのだ。

ディーラで点検。少し余計なことを口走っているので、その分対応も丁寧である。運転手席側のパワーウインドシステムの構造図も見せていただいた。モータアセンブリ内に検出機構が組み込まれている。過電流検出遅延タイプのセンサシステムを利用し、異常トルクを検出すると逆回転を行う装置と推定。

低温で出やすく、運転し始めに症状が出やすいことは、DCモータ電流検出タイプであることは明白だ。厳冬期になればこの現象は頻発するとのアナログエンジニアは考える。

ディラーの対応は、最短でパワーウインドウモーターアセンブリの無償交換。保証期間内なので適切な対応だ。

運転席側以外のパワーウインドウは全手動で操作するので、挟み込み防止システムは装備されていないとのこと。

これなら、普段他の窓の開閉も運転席からコントロールしている私にとっても、負担は少ない。

私は、基本的にモノを創る立場に存在する。したがって、技術的な無理難題を吹き掛けることはしないが、誠実な対応は求める。

たかが、パワーウインドウの誤動作である。しかし、その奥にはコスト/パフォーマンスの範囲で許されるエンジニアの決断がある。多謝。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。前兆を見逃さないアナログエンジニアに今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 世界史と物理 | トップページ | 陸橋工事 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

保障期間内の不具合ですか。
軽微と言えば軽微だが、やはりこう言った初期不良はいやなもの、誠意ある対応だったのは救いですね。
昔を思い出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/3974101

この記事へのトラックバック一覧です: パワーウインドウ:

« 世界史と物理 | トップページ | 陸橋工事 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング