フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 鷺の夜間飛行 | トップページ | コーヒーの苗 »

2006年11月12日 (日)

世代を超えて交流

Photo_33 今の私は、世代、性別、身体能力は一切気にしない。

重要なのは「志」である。

最近、先生と呼ばれることもたまにあるが、私の感覚はそうではない。経験の差、身体能力、知恵の力には差があるかも知れないが、皆、同じ志をもつ仲間なのだ。

私の父の時代なら戦友と表現することになるかもしれないが、戦後生まれの私にはそのような感覚はない。

私のブログのタイトルは「アナログエンジニア」

しかし、恐らくエンジニアとしてブログ活動なさっている方は、会社関連の方も含めて少ないとも感じている。

それでも私は「エンジニア」を呼称してる。

なぜか。  私は技術世界を通じて多少なりとも関連分野の発展を願っている。しかし、私の出来ることは守秘義務を持つエンジニアとしての情報発信しか出来ない。それがエンジニアの世界であると考える。

すさまじい活動をなさっている方、ひ弱な中で情報発信している方、実名でブログを運営なさっている方もある。ほとんど秘匿してかわいく情報発信しているブログもある。

その総てのブログに私はエールを贈りたい。

自分の成長、自分の見識に依存して、よくも悪しきも、その近日未来はみえる。そのなかで、精一杯の生活を送っている方々に敬意を表したい。世代・性別など私には関係ない。その志への共感からだ。ブログを始めて世界が広がった。さまざまな方の生きる姿を見せていただいた。そしてブログだけではなく、実際に本人と会いたいと思うことすらある。

尊敬しています。

多くのブログが存在するが、みなオンリーワンの世界を発信している。

「自然科学」部門のブログ、素晴らしい世界だ。これらのブログで交わされているのコメントも簡潔かつ感性豊かで素晴らしい。

今日はちょっと書きすぎの感があるが、人気blogランキングの「自然科学」部門への賛歌として、ご容赦願いたい。

そして、私のブログ、いつか、いつの日か再構成を行って一冊の本として出版したい。私ではないがそれを実現した1冊の本が手元にある。T社出版の本である。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気に「ブチッ」とよろしくお願いします。【押す】

« 鷺の夜間飛行 | トップページ | コーヒーの苗 »

随想」カテゴリの記事

ブログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代を超えて交流:

« 鷺の夜間飛行 | トップページ | コーヒーの苗 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング