フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 世代を超えて交流 | トップページ | 最終講義 »

2006年11月13日 (月)

コーヒーの苗

_1084 ←コーヒーの苗。品種はコロンビアと記載されている。

珍しいものが手に入った。

大事に育てよう。

Sコーヒー店の記念セールの景品。

そのコーヒー店直営農園から届いた種を地元の園芸店で育てたと記載されている。

気温18℃前後の弱い光の部屋で育てよう。0℃になると枯れる心配があるようだ。

S社のコーヒーは、アナログエンジニア愛用のコーヒー。

アナログエンジニアはとにかくコーヒー大好き人間である。S社のコーヒーは濃い目に入れ、ストレートで飲む。

昼間会社ではN社のインスタントコーヒーを砂糖を少し入れてベンディングマシンで数杯のむ。

かくして、ほとんど私は日本茶を飲まない。

さあ、このコーヒー苗、豆が出来るまで育てられるか。

コーヒーの苗は熱帯植物なので、葉の色は鮮やかな黄緑だ。小さいけど観葉植物的な風情もある。

コーヒー苗の頒布。嬉しい手の込んだ企画。

ここの社長はわが町の名士であり、数冊のコーヒーに関する著書もあるかたである。

今日は少し贅沢なブルーマウンテンブレンドコーヒーを早朝、濃い目に入れる。

気持ちよい香りが広がる・・・・・。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。静かにコーヒー、そして貴重な1票を今日もよろしくお願いします。【押す】

故郷から戻ってきました。はじめてのホテルからのインターネット経験をしました。

« 世代を超えて交流 | トップページ | 最終講義 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーの苗:

« 世代を超えて交流 | トップページ | 最終講義 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング