フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 球状船首 | トップページ | 全員集合 »

2006年11月24日 (金)

銅のおろし金

新潟県燕市製。 「純銅おろし金」

槌とタガネで目立てした手工品である。全長 約25cm。

我が家の「さち」は切れ味が良すぎるので、普段余り使わない。ふだん使っているのはプラスティック製のの安物。

私がたまに使うのが「純銅おろし金」

立てた目はの大きさはよく揃っているが、目の列は少し波を打っている。

目は加工硬化を起こしているので、かなり硬い雰囲気である。ずしりと重いので、使いやすい品物だ。

銀色に光っているのは、多分錫めっき。めっき後に目立て加工を行っている。

1016 なまくら おろし金でおろした大根おろしと違い、このおろし金で下ろした大根おろしは繊維がきちんと切れているので食感が少し違う。

数年前に手に入れた職人技の品。

こんな製品がいまでも作られているのだ。

細かい方の目の数は500近い。荒い方は約300目。

相当な時間をかけて製作された品物。

こんな手工品が今でも残っていいるのだ。

日用品だけではなく、数のでない工業製品では今も汎用工作機械で加工する部分が多くある。

精密穴あけ加工だけで商売している町工場も、東京近郊にはあるらしい。

小径のドリルのチャックは、ドリル径に比べてチャックが大きく相対的に心振れが出やすく、高速回転する。加工条件だけではなく、チャッキングにもコツがあるらしい。

そして、微小径ドリルを供給する刃具の供給者が、そのまた影に存在する。

物作り万歳。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。職人の技に貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 球状船首 | トップページ | 全員集合 »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
こんにちは。
最近ブログをはじめた研究室の者です!

まさに職人技の冴え渡る一品はたくさんあるんですね♪

秋山様、コメントありがとうございました。
職人技、匠の仕事が日本の底力と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/3776233

この記事へのトラックバック一覧です: 銅のおろし金:

« 球状船首 | トップページ | 全員集合 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング