フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 風力発電機 | トップページ | お正月 »

2006年12月31日 (日)

大晦日の月

今年の最後を月で締め括ろう。

20061230_131212月30日17時の月の写真。

画像をクリックすると拡大像になります。

写真は35mmフィルム換算で3000mmの超望遠撮影です。

デジカメは4M画素の煙草の箱より小さい汎用品。

やっと、天候とスケジュールと、月齢が合っての撮影。

11月初旬にこの計画を開始。

微動装置のなど器材の調達、 12月初旬には、カメラの微動装置と赤道儀を接続する金具を自分の設計で製作していただいた。

長年出来なかった、月のクレーターの撮影。ついに成功したアナログエンジニアである。

撮影に使用した対物レンズは、N社製60mm高度に色消しされたフィールドスコープ。野鳥観察などに使用する。私は日頃、アーチェリーの矢の着弾観察用に使用している。接眼レンズは見かけ視界72度の広視野接眼(ズーム双眼鏡などの低倍率では30度以下の場合があります。)視野が狭いと角が暗く写りやすくなる。

拡大写真を見ると、月の円形であるべき縁が乱れている。今日は、冬場の季節風が上空に吹いていて、気流の状態が悪く、陽炎のようにこの超望遠撮影では影響している。

何がともあれ、今年の願いのひとつが叶ったわけである。

新年も良い年でありますように。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。いつも技術ネタ・科学ネタで頑張っているアナログエンジニアに貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 風力発電機 | トップページ | お正月 »

「工学」カテゴリの記事

「日記」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい撮影しましたね。クレーターまではっきり描写できて流石です。
高度の撮影技術、光学を熟知した技術でしょう。
これを大晦日に実現、おめでとうございます。
いよいよ、2006年からお別れ、良いお年をお迎えください。

mako様、祝福ありがとうございます。
レリーズは付かないシャッターなので、教えていただいたセルフタイマー2秒を掛けての撮影です。手押しシャーターを切ると、架台が振動します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/4731877

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の月:

« 風力発電機 | トップページ | お正月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング