フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 眼鏡 | トップページ | 久しぶりの機械設計 »

2006年12月16日 (土)

デジカメで超望遠撮影

_1207 デジカメ(Canon IXY40)で35mm換算で約3000mmの超望遠撮影の試写に一応成功した。対角1度よりは少ないと思う。月を撮影できれば画角が判るので、35mm換算の焦点距離が測定できる。

←写真は遠くの送電線の鉄塔の碍子部分。ノートリミング。

画像をクリックしますと詳細画像が出ます。約80kB。

左上が地上方向です。器材の関係で構図は余り自由に出来ない。詳細画像では碍子の沿面距離を稼ぐためのヒダが確認できる。シャッターは手押し。少しぶれが残っている感じ。

詳細画像では、送電塔の構造や電線の中継部の構造、スパークギャップなどの構造体が一応見える。

タイマー撮影を行いピントがきちんと合っていれば、もっと鮮明な写真を撮影できると考えている。

この写真では色収差は認められず、各方向の線の端に色のにじみはない。

11月から計画し、やっと試写にこぎつけた。

この写真、しっかりした架台と方角の微動機構、カメラ位置のXYZ微動およびφ、θの調整機構がないと目的物を視野に入れることが出来ない。

撮影機構・器材については別途ブログにアップする予定だ。

とりあえず、小型デジカメで超望遠撮影ができて、喜んでいるアナログエンジニアである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。今日も元気に貴重な1票をよろしくお願いします。【人気blogランキング】へ

« 眼鏡 | トップページ | 久しぶりの機械設計 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

凄いですね。汎用デジカメで、画角一度の撮影とは・・
機材に大いに関心がありますが、ブレ止めがまた大変ですよね。

makoさま、さすがですね。一番の工夫点のブレ止めと機材のご指摘。φ60mmのアポクロマート対物を使っています。架台は写真用三脚ではなく天体観測用のもの。
特殊な機材+自分で設計・町工場で作らせたアダプター金具を使用しています。
まだ、手押しシャッターなのでブレがあり最高性能は出ていません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/4553286

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメで超望遠撮影:

« 眼鏡 | トップページ | 久しぶりの機械設計 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング