フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 確信犯的断定 | トップページ | この木何の木 »

2007年2月28日 (水)

近況2月

Snow_lip_1551 ←2年目の洋蘭。デンドロビューム。品種名Snow lip

最近の2ヶ月間、自宅での執筆と実験を重点的にやっていた。

このブログは毎日更新しているが、記事の下書きは毎日やっている訳ではない。何件かまとめて書き、それを硬軟取り混ぜて順番を入れ替えてUPしている。

自然科学部門のネタは1日でふつう陳腐化しないので、UPするときに多少季節感を入れる。

このブログで1日A4 1ページ相当である。

ここのところの主作業は、技術本の原稿作成である。約2ヶ月でA5版仕上がりで200P書いた。推敲に案外時間がかかるので1日平均4-5pのペースである。

独立エンジニアとして、今回の著作は、基礎回路の手解析・設計・実験・結果の検討およびシミュレーションがワンセットになって、章を構成する。

ほとんど前例はない回路本のスタイルだ。

書名は自分で決めることが出来なかった。

各章の題材は、アナログ電子回路の基礎的な問題が特徴的に出やすい回路形式と定数を選択し、自宅の簡単な設備で実証できる様に工夫した。

その結果、1回路で1章。全15章+付録の構成となった。

今回は、過去の著作より写真、図表をかなり多くしているので全体のレイアウト、流れの調整に予想外の時間がかかった。

この形式で書いてみてわかったことは、意外に基礎回路であっても、細部の正確性に拘ると複雑で生々しい問題を含むことである。

もちろん、実試作段階ではミスに伴う様々な回路立ち上げのトラブルもあった。ミスの対策に徹夜した日もある。

基礎回路であっても、細部の正確さ、記述の整合性を求めれば、新たな視点が必要であると感じたアナログエンジニアである。

今年の6月には、多分世に出るだろう。一区切りつき一段落したが、最終推敲を行って、最終稿+電子データを編集者に送る作業がまだ残っている。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気に貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 確信犯的断定 | トップページ | この木何の木 »

随想」カテゴリの記事

コメント

先輩~~~~っ
。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。うぇぇん

自分、やっと構成が決まったのですが、いざ書き始めると、イントロ部分から筋を通そうとしてすごく時間がかかりますっ。
本を書くのがいかに大変かがわかりました・・・(TT)

sachiさま
 縦書きの本はきっとイントロの部分が一番難しいと思います。今度は単独著と聞いておりますが、分量の2乗くらいの作業量を想定すると気が楽になります。

この記事へのコメントは終了しました。

« 確信犯的断定 | トップページ | この木何の木 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング