フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電子部品の数値系列 | トップページ | 近況2月 »

2007年2月27日 (火)

確信犯的断定

_1546 技術屋として40年生活してきたが、将来の芽を摘む言葉がある。確信犯的断定のいくつかの言葉である。

ひとつは、デザインさえ変えれば新製品であるとの上層部の断定。

色々な社内外の状況はあるにせよ、技術的にどこかには工夫を入れるプロセスが必要である。このプロセスなしに技術の伝承・発展はないとアナログエンジニアは考える。

もうひとつは中堅管理職の言動である。結構、理由を示すことなく、ここのところはこの辺の設計と定数をを使えばよいとのご指導。その内容もルールに抵触しかねない際どい技術的判断に関連する部分が多い。

その一方で、組織的な実証主義もある。小さな変更点も総て実機で性能確認を要求する。もちろん多数サンプルでの試験はしない。数個の試験で量産的品質範囲を確保できるものではない。組織的アリバイつくり、責任逃れと思う。この手の設計者の作業時間は無視できない。ことの大小・重軽を見極め、それに応じてリソースを重点的に投入する戦略があってしかるべきである。

新しい図面を興し、型式認定、規格審査、販売資料の整備作業を考えると、マイナーチェンジであっても実戦部隊の負担はあまり変わらない。

大きく違うのは、企画段階での技術レベル・アイデアの完成度と、マーケティングとの整合性である。

少なくとも、新製品には新しい視点、技術を多少なりとも織り込む戦略が好ましいと考えるアナログエンジニアである。

それが、ものつくり企業の発展を支えるものと信じている。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。いつも硬いネタでのエントリーが多いですが、今日も元気に貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電子部品の数値系列 | トップページ | 近況2月 »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子部品の数値系列 | トップページ | 近況2月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング