フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 孔明け器 | トップページ | 最終稿 »

2007年3月 4日 (日)

紙ベースでの推敲

0225_1566 紙ベースでの推敲は私には欠かすことが出来ない。

1冊の本を完成させるまでに、その10倍程度を紙出力する。高精細ディスプレーを使用しても紙出力の量はあまり減らない。

紙出力を行うと、全体を俯瞰できる。あちこち参照できる。フォントの狂いもよく目立つ。

ワープロを使用しての、草稿段階の章の途中でも紙出力を行う。章全体のバランスを確認するためと、図表、式番号の不統一を解消するためである。

私は、通常異なるモードで10回程度の推敲を行う。

なじみの編集者からは、完成度の高い原稿をだす著者との評を受けているが、案外ポカミスが残ったまま書籍になっている。

立式過程やその変形過程を省略しすぎると、チェック段階で苦労することになる。2度3度検算してもミスは残る。

今まで私の著作の中で誤りの少ないものは、途中経過をあまり省略せず、かつシミュレーションなり実験結果を記載したものである。

幸い、数冊の著作の中で今のところは、読者が辿ればミスを訂正できるレベルにとどまっている。

網羅的に記述するか、記述したい現象が綺麗に出る条件を選んで詳細に記述する方が読者に親切か?議論の分かれるところである。その中間もありえる。単独では書けないが、分厚いハンドブック形式もある。

1冊の推敲を終えた今、アナログエンジニアは次の情報発信を模索する。

次は、内容に偽りのない初心者向けのアナログ回路全般に関する記述を行った本に挑戦するかもしれない。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気を出して、貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 孔明け器 | トップページ | 最終稿 »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 孔明け器 | トップページ | 最終稿 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング