フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ダイオードの順電圧 | トップページ | 残余のリスク »

2007年3月12日 (月)

ライターの分解

_1589 ←機械式使い捨てライターの部品

画像をクリックすると拡大画像になります。約70KB

比較的簡単な構造の使い捨てライターを分解し、機能別に部品を並べてみた。

全体で26部品あった。

そのうち、火力調整に関する部品が約半数ある。

煙草をカートン買いすると、この手のライターをサービスしてくれる。いつも貰っているいるとライターだらけになるので、2回に1回しか貰わない。

作る側からすれば、一部品1¥足らずでの商売である。

一番部品点数の多いのが炎の調整を行う部分で、調節弁だけで7部品である。しかし、この部分は使い捨てライターでは最も不具合の多い部分である。それでも、火力が過剰で、大きな炎が出ることは極めて少ない。

こんな安物の小物でも様々な加工法、材料が使われている、

本体の炎のガードは複雑な形状をした金属プレス部品。ガス容器は中央に補強リブの入った熱可塑性樹脂。本体と弁類のアダプターとして、ネジ加工されているプラスチック部品。

減圧弁は金属圧造部品と多孔質の白いプラスチック部品からなる。

調節弁はOリング2個、真鍮の切削加工部品2、ゴム製の弁、バネ、細めのネジきりされた調整用プラスチック部品からなる。

着火石を削る鑢は多分熱処理されている。そのヤスリを保持するために7部品。その他にブタンガスと、ラベル。

今回分解した使い捨てライターの総部品数は26点である。

火力調整部分に11部品投入しているが、この部分の出来不出来は意外に大きい。しかし、過大な炎がでる製品は非常に少ない。

石油ストーブぼ着火に使うライターはもう少し丁寧に造ってある。ガスの補充が可能なタイプも多い。価格は多分、煙草着火用のライターの数倍の価格だろう。かなり品質レベルが違う感じがする。

極限近くまでコストを追求したアイテムのひとつが使い捨てライターであると思う。一部品1¥の世界は凄まじいと感じるアナログエンジニアである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« ダイオードの順電圧 | トップページ | 残余のリスク »

「工学」カテゴリの記事

コメント

ライターのオイルがなくなったら分解して再利用できるのですか‽

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイオードの順電圧 | トップページ | 残余のリスク »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング