フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 理系人間 | トップページ | DRY FIRE »

2007年3月 9日 (金)

逆動作ピンセット

_1587 ←逆動作ピンセット

右側のピンセットは、0.5mmのシャープペンシルを手を離した状態で掴んでいます。

普通のピンセットは掴むと閉じる。ノーマリopenである。電子回路を組み立てるとき、私は右手に半田ごてをもち、左手に意図半田を持つ。

しかし、ワークは固定されていない。

以前から、100¥ショップで買ったラジオペンチにゴムひもで与圧して、手を離せば固定してくれる取り敢えずの工具で、3本目の手を使っていた。

近所の歯医者さんで、への字型の腕を2本備えた精密ピンセットを見た。歯の噛みあわせを見るための感圧紙を支える道具である。医療器具は高価だし、どだい入手ルートが特殊なのでお金を出すとしても手に入るかどうかわからない。

先日、秋葉原で逆動作ピンセット的工具を見つけた。1個120¥。

この工具、手を触れなければバネの力で細いものを挟み続ける。本来は、半田付け部分からの熱を部品本体に伝えないようにする工具である。プレス加工したへの字型の金具を軸で止め、バネで与圧しただけの道具で、安価に仕上るためにバリ取りも十分にはしていない。

しかし、私の用途では電子部品を固定して半田付けをする際にはとても便利である。

孫の手ならぬ、逆動作ピンセットがこのような低価格で手に入るとは思っていなかった。

原始的な構造で、通常とは異なる逆動作が安定状態である工具、部品は特殊ではあるが便利である。

電磁リレーではNC(ノーマリークローズ)、NO(ノーマリーオープン)接点を備えたものがある。外力の無い状態で、NC、NOを選択できることは工学上大変ありがたい。そのメカニズムが簡単であればあるほど信頼できると考えるアナログエンジニアである。

『人気ブログランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 理系人間 | トップページ | DRY FIRE »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 理系人間 | トップページ | DRY FIRE »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング