フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 抵抗器の選択 | トップページ | 接合電圧の温度係数 »

2007年5月24日 (木)

抵抗器と煙草

電子部品である抵抗器で煙草に火をつけたことがある。

もう30年以上前である。実験室に灰皿があったよき時代(スモーカーの立場)、野蛮な時代(嫌煙者の立場)である。

使ったのは1//4か1/2Wの炭素皮膜抵抗。実験室だから身近に数10Vの可変電源がある。火をつけるコツは、抵抗器の外皮膜をこんがり焼き、その後電圧を上げて適温まで上げる。電子回路用抵抗器は、定格電力で100℃前後温度上昇があるので、放熱の法則を使い、定格電力の数倍の見当で、電圧をかける。電力P=V^2/Rだとして手持ち電源の可変範囲で超オーバーロードにするのだ。この方法でライターなしで煙草に火がつく。多分数100℃まで上昇しているはずだ。

アナログエンジニアはこのいたずらとは別に、数種類の電子部品の破壊試験を系統的にやった経験がある。

よく使う部品の過負荷による故障が起きるまで実験しているのだ。

他の種類の抵抗器を用いると、いったん抵抗値が下がって、保護皮膜が飛んだ後破損する前にほぼ規定の抵抗値に回復するものもあった。

綺麗な体系となっている高校物理を学んだ後、色々な現象の絡み合う場面で自分の想定した事象を発現させる感性がアナログエンジニアには必要である。このようなことは公式丸暗記ではなしえない。 と考える。

贅沢な装備・機材を使うことなく基本的な実験方法を考える。そういう手法も無視できないのではないか。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 抵抗器の選択 | トップページ | 接合電圧の温度係数 »

随想」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング