フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« キルヒホッフの法則 | トップページ | 電池と電圧源 »

2007年5月12日 (土)

久しぶりの上京

_1657 ←庭に咲いたすずらんの花

昨日はある会合があって東京にいました。

時間があったので、東京駅近くの大型本屋さんで、実物の本を手にとって内容を確認しながら数冊を購入。分野外なのですが、新電気(オーム社)も購入しました。立ち読みでエッセイ部分だけを読むつもりでしたが、他の記事にも興味があったので買いました。

私の拠点には大型本屋さんがありません。本の名前がわかっていれば、アマゾンで通販すればよいのですが、技術書だと、自分のレベルとマッチしないことも多くあるので、確率5割で役に立つ本があればと思って注文します。

技術屋さんの多い町ですが、技術書を置いている最後の本屋さんがなくなりました。さびしい限りで、かつ不便です。

東京に行けば、多くの類書から自分に適した本を選べるのですが、ドアtoドアで片道3hと交通費も馬鹿になりません。

話は、元に戻りますが、「新電気」は基本的に強電分野の雑誌だと思いますが、意外に他の分野の記事もありました。

オームの法則をこのブログのネタにしようと思っていたところでしたが、その本にはオームの法則の発見者の苦労の記事があり、とても興味深く読みました。たまには関連分野の本を読むのも新鮮でよいものです。

さあ、今日から自分の本の最終校正が始まるぞ! 仕上がり200pくらいで、通例1週間で読まなければ。ここのところ気合が入っていない無いので、気を引き締めてやらないと残留ミスの数が増えるので。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« キルヒホッフの法則 | トップページ | 電池と電圧源 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング