フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電源パスコン | トップページ | 電磁流量計 »

2007年6月28日 (木)

ドタキャン

土壇場で講演あるいはセミナー講師が来ないこともある。

事情により主催者側で催行がキャンセルされる場合もある。

講師は一般的に良心的であるから、突然の弔事、動けないほどの体調不良、交通手段の麻痺などがおもな原因だ。

私は、講師になることもあれば、講師を招く立場であったこともある。

講師としてのドタキャンは今のところ一度も無いが、体調不良で厳しかったこともある。

セミナーを開催する立場の時には3度ほど、講師不到着のケースもあった。そのときは、講師の事前資料を元に、自分で、数時間の演題を無理やりこなした。複数講師でセミナーを開催する場合には、各講師の持ち時間を調整する手もあるが、この方法は類似ジャンルの講師が存在しないと不可能である。

ドタキャンの対処を明示した依頼は私の場合は非常に少ない。

幸い私は数十回の講師を務めドタキャンは一度も無いが、将来にやらない保証は何も無い。

講演に参加してくれる方は、交通費・宿泊費・受講料を払って参加してくれているのだ。数10名のセミナーだと、それらの経費を自分のドタキャンで慈悲支弁するにはちょっと厳しい。

私の場合には一人で2-3日担当するケースが多く、かつ専門分野が一般的でないので代理をすぐには立てられない。

故意によるドタキャンはやるつもりは毛頭ないが、約束を実行できないケースもありえる。主催者側の都合によるドタキャンでは、その準備が総て無駄になる。12月の3日間、一人講師のプロジェクトはすでに走っている。本1/2冊分くらいの準備が必要であるが、依頼はMailのみである。自分の責任範囲を少しでも明確に出来ればな-と考えるアナログエンジニアである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今週はアクセス件数は多いが、投票率が低迷の状態です。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電源パスコン | トップページ | 電磁流量計 »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電源パスコン | トップページ | 電磁流量計 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング