フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« チェンジニア | トップページ | 反転増幅器 »

2007年6月22日 (金)

熱電対

熱電対は2種の異なる組成の金属線を接続して構成される。

独のZeebeckが発見した効果で、金属材料の組成などを制御すれば再現性のよい熱起電圧が得られる。数少ない互換性を持った温度センサとして工業用に広く用いられている。

J(クロメル/コンスタンタン)で約0.1mV/℃の起電力が出る。

ゼーベック効果は基本的に温度差によって起電力が決まるので、1℃当たりの起電力があまり大きくなくとも精密な温度計測が可能である。

金属線Aと金属線B 2本を直列に接続し、2つの異種金属の接続点を作る。金属線Bはオペアンプのすぐ近くで接近させて回路を構成する。

接続点の片方は外気に、他方を電子回路の発熱部に接続する。

このような構成にすると、すこし信号レベル低いけれど、室温と電子部品の温度差=温度上昇を精密に測定できる。

ちょっと高級なデジボルを使えば、今の技術ではΔT=0.1℃程度の測定が確実に行えるのだ。無ければ低温度ドリフトのオペアンプでちょっと増幅すればよい。

この手段で、アナログエンジニアはいつも温度差の精密計測を行っている。ただし、私のほかには、この方法を使っている人はいなかった。基準温度接点の精度は1℃くらいがふつうなので、温度差の精密測定には不向きである。温度計も2台必要である。

差の計測にはこのほかにも種々の巧妙な手段が存在する。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« チェンジニア | トップページ | 反転増幅器 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンジニア | トップページ | 反転増幅器 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング