フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« プリンタの分解 | トップページ | 百日紅 »

2007年8月30日 (木)

田舎生活

私の町は、とある茨城の人口15万の町である。

最寄国鉄の駅から約2km。荷物を抱えて行動するには少し遠い。

近くを通るバスは1hに2本程度。タクシーは朝8時にならないと来てもらえない。基本的に車がないと動けない町となっている。そして、いつもバスの乗客は数名もいない。遠からずバスの本数は減るだろう。これでも東京から僅か100数10kmの中堅都市である。

自宅には、我が家の「さち」と私の車そして来客用の3台の駐車スペースを最近確保した。

早朝出発の出張の際には、交通手段が無いので妻が駅まで私を送る。逆の場合もある。

妻が不在で、早朝出発を必要とする場合には、他に方法が無く前泊するしかない。

町の駐車場を確保できない中心街は寂れる一方で、シャッター通りと化しており、郊外には超大型店がいくつか存在する。車での行動が前提の町。工業都市の端くれの筈だが、専門書はインターネットでかうか、実物を見たければ東京の大型書店まではるばる買いに行くしかない。

かくして、地方都市の若いエンジニア達は殆ど専門書を持っていない。買わない。系統的な知識を得るには、信頼のおける知識を学ぶには、いまだ紙ベースの本が必要なアナログエンジニアである。このような状態で、若いエンジニアは育つのだろうか。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も元気に貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« プリンタの分解 | トップページ | 百日紅 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この生活環境は我が家も同じ、両方で運転できなくなったらどうしようかと思っています。

それはさておき、この辺りの学生や若きエンジニアはどうしているのでしょうね。
水戸も科学書・技術書が多かった書店も倒産してしまったし・・
私も在職中には時々丸善へ行ってましたが・・

都会に居ても、専門書を買わないエンジニアが多いようですよ。しみじみ・・・・。買うとしても図解、絵解きのタイトルの本を買うことが多いようですよ。これでは、創造まで行かない。深刻な問題です。

妻と自分が、本当に車が使えなくなる時期が来たら、どうするか考えたくないですね。地方都市は車が在っての生活です。

初めまして。blogランキングから流れてきました。アンテナ屋です。スペアナやらネットアナやらでちまちまやっております。

専門書を買わないというのもあると思いますが、買えないという一面もあるのではないのでしょうか? 私も学生の頃は貧乏でなかなか買えませんでした。高いですし。古本かコピーがせいぜいでした。

良書が少ないのもあるかもしれません。お勧めはありますでしょうか?私が先輩に薦められたのが Sedra & Smith の「Microelectronic Circuits」でした。洋書でしたがすごく丁寧で英語が不得手でも理解しやすかったです。

私もアナログの勢いはあまりない気がします。職業的に泥臭いイメージがあるのでしょうか。デジタル信号処理の方にながれてしまっているのかな。

それでは。

horikiさま、ようこそ。
私は20MHz以下の精密アナログ回路と特殊電源をやっています。
だんだんと、この分野は敷居が高くなっています。いきなり難しいことをやらされて、意欲をそがれているような気がしますし、自己修練も必要です。
本は、若きころの私の時代には給料の半分くらいの洋書をときどき買いました。
いまは、給料の1/50くらいで和書の専門書が帰るようです。

この記事へのコメントは終了しました。

« プリンタの分解 | トップページ | 百日紅 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング