フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 設計図面 | トップページ | 田舎生活 »

2007年8月29日 (水)

プリンタの分解

_1842 ←庭の朝顔。今年は種まきしなかったのだが落ちた種からたくさん生えた。肥料をまかなかったので、昨年よりかなり小ぶりの花である。

2台あるプリンタの1台が寿命を迎えた。概算20億ドットを超えている。

このプリンタで打ち出し、紙ベースの推敲を5冊行った。

例によって、プリンタを分解。数年前の製品だ。

特殊ネジが急所に使われているので、手持ち工具では簡単に分解できない部分がある。ふつうでは手に入らない形状のネジが急所にある。カナヅチを使って強行突破。

お目当ては、モータ類のサンプルの取得とセンサ構造を知ることだ。

モーターは5個、DCモーター2個とパルスモーターが3個搭載されている。この類のパルスモータはクロポール形と呼ばれる安価な構造のパルスモータで、恐らくは非常に安価に作られている。

類似のパルスモータが複数あると、1個はカシメで固定されたケースを外すと内部構造がわかる。もう1個は励磁コイルにLEDを接続し、指で軸を回すと低速高電圧(相対的)になり、LEDが光る。

プラスチック部と金属部を弁別し、ごみ袋に入れる。

センサ:ロータリーエンコーダーとリニアエンコーダーは内製されている。

基板は2層の1枚だけ。数年前の製品にも拘わらず、見事な構造になっている。しかし、必要な部分は巧みな金属プレスで剛性を保っている。

量産品だけができる構造設計。

歴代の傑作品のDNAを受け継いだ設計ではないか。

分野外ではあるが、寿命の尽きたコンシューマユースの愛用品を分解するのがアナログエンジニアの習性である。

しかし、次第に分解の要となる部分が見えなくなりつつある。

設計の現場でも同様な事態が起こっているに違いないと憶測している。

技術の伝承をどうするか。匠の技をいかにして伝えるか。重い課題である。

『人気blogランキング』の「自然科学」ランキングに参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 設計図面 | トップページ | 田舎生活 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 設計図面 | トップページ | 田舎生活 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング