フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ダイオードの順電圧 | トップページ | プリント基板配線抵抗 »

2007年10月12日 (金)

コンデンサの電流定格

_1953 ←金木犀の花。場所によってはまだ色づいていない木もある。近づくと良い香りがする。いよいよ秋本番。

電解コンデンサの電圧定格を意識して使わない電子回路設計者はいないと思うが,電解コンデンサに電流定格があることを知らない方は少なくない。

電解コンデンサにリプル電圧が掛かると,充放電電流が流れその電流の2乗と等価直列抵抗(ESR)と周波数の積に概略比例するジュール熱が発生し,電解コンデンサの寿命を短縮させる。

リプル電流の2乗に比例して,コンデンサに過剰な温度上昇が発生するので,コンデンサの電流定格は余裕を持って守らなければならない。

ESRは周波数に依存するので,扱う周波数が高いほど電流定格は少なくなる。電解コンデンサの電流定格は扱う周波数の関数である。

電解コンデンサとくにアルミ電解コンデンサは種々の目的の品種が各社から供給されているが,使用目的にあった品種を選ばないと短寿命となる。

厳しい使い方,充放電の振幅が大きく電流波高率が高い場合にはとくに問題になる。

コンデンサの電流定格を意識していないなら,プロサイドの電子回路設計者とは言えないと考えるアナログエンジニアである。前日のエントリーでは整流平滑回路について述べたが,その1要素である電解コンデンサの選定ひとつをとっても,このような課題がある。

概論はJEITAの技術資料に詳述されており,具体的数値は各社の技術資料に記載されている。一般的な電解コンデンサの扱い方の1項目に過ぎないが,意外に認識が希薄な定格項目である。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« ダイオードの順電圧 | トップページ | プリント基板配線抵抗 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイオードの順電圧 | トップページ | プリント基板配線抵抗 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング