フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電池の内部抵抗 | トップページ | デジタルエンジニア »

2007年10月24日 (水)

デジタルからアナログへ

_1962 ←猫の状差し。鉄,日本製。猫グッズの写真もあと数枚でネタ切れになる。自宅業務中心だと,カメラを持って外に出る機会がUPするより少ないからなー。

アナログからデジタル回路設計者への転向は比較的易しいとされている。しかし,私はそうは思っていない。

序盤の局面の質に大きな違いが有ると考える。

アナログは序盤の局面が非常に広い。しかし,明示されない制約条件も多い。その結果,詳細に検討すると,ある回路構成を選択した時点でほとんど自由度がなくなる。すぐに現在の部品でできる,できないの問題に直面する。

わたしは,デジタル回路中心に仕事をしてきたエンジニアにアナログの世界を見て欲しい,経験して欲しいと願っている。アナログの世界は現実世界,物理法則が支配する世界。囲碁と将棋のような違いがあると感じている。

アナログ回路は大げさに言えば物理法則との共調である。外乱もある,外乱に逆らって目的を達するにはサイバネティックス的発想も必要だ。アナログは回路は実世界からセンサを通じてその情報を取得しアクチュエータを通じて現実世界に働きかける仲介役である。もちろん自分自身のエネルギーコントロールと,たとえば誘導雷などの外乱に対応しなければならない。

システムの仕様を左右するのも,根底にはアナログ技術がある,アナログ技術は情報の曖昧さを許容する。許容しなければならない物理的限界もある。

本職にならなくとも,デジタルエンジニアがアナログ世界を見,アナログエンジニアもデジタル技術を用いる。それでよいのだと思う。私のできる仕事のひとつはデジタルにどっぷりつかったエンジニアにアナログ世界の戦略を伝えることである。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電池の内部抵抗 | トップページ | デジタルエンジニア »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電池の内部抵抗 | トップページ | デジタルエンジニア »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング