フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« IGBT | トップページ | 印書体 »

2007年12月10日 (月)

アナログリテラシー

_1983 ←昨日撮影したライラックの花。

本来は春の花と記憶している。季節を間違ったようだ。

リレラシー,私はこの言葉があまり好きではない。日本語にはもっと細分化された用語がいくらでもある。この言葉の先にアナログをつけてみた。

「アナログリテラシー」

リテラシーを応用能力と解釈すれば,その背後には生きた知識,測定技術,モデリング能力などが存在する。見聞きする現象がどのようなプロセスで生じているのか,その影響はどうなるのか・・・それを感じ取る感性も必要だろう。

アナログは実世界である。単純な予測で十分なこともあれば物理現象や化学現象が複合する場合もある。

応用力の前に,基礎知識がなければ考える種がない。それを定量化するための支配法則を見抜き,計算する数学力がなければ応用はありえない。それを無視した教育の結果が今,問われている。教科をまたがる問題,課題への対処訓練にも問題がある。

基礎学力の不足している段階で,総合学習や研究授業を行っても効果は少ないだろう。

国語力も低下しているので,数学の文章題の苦手な生徒,学生も多く存在する。アナログリテラシーは,自分で解くべき課題を表現し,それを数式化し,数字を入れて必要な精度で解き結果を求め,その意味を自己の概念にフィードバックするところに意義がある。その過程には,常に測定という作業が入る。自分の五感も測定器である。五感では定量化できない領域では測定機器を使用する。その測定原理と限界を知った上で使用するのもアナログリテラシーではないか?

『人気blogランキング』の「自然科学」ランキングに参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« IGBT | トップページ | 印書体 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IGBT | トップページ | 印書体 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング