フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 獅子舞 | トップページ | 放熱片1 »

2008年1月 7日 (月)

ゼロとスパン誤差

計測器は被測定量yに対し,計測量yが y=Ax となることが多くに場合望まれる。計測器を作る立場からは,この理想的な関係からのずれが問題となる。

y=A’x+B の形になることが普通である。Bはふつうゼロ点誤差と称する。感度係数Aの誤差は,0-100%の信号(スパン)に対しての不確かさである。

ゼロ点誤差とスパン誤差は通常その発生要因が異なる。

電圧計測では,0信号を与えることが可能であるから,マイコン搭載計器では自動的にこの誤差をLSBのオーダーまで取り除くことができる(オートゼロ)

スパン誤差は,基準電圧や増幅器の抵抗比,負帰還量などに依存する。これらの要因はほとんどが温度の影響を受ける。

16bitのA-D変換器は今の時代,普通に使われているが,スパンの0.0015%(15ppm)が1LSBである。市販の高精度基準電圧ICは±5ppm/℃程度であるから,数度の温度変化でスパン誤差は1LSB以上変化する。抵抗も温度係数をもつ。

ゼロ点はスパンが1Vであれば15μVが1LSBであり,少し風がそよげば容易に発生する熱起電力と同程度である。

もちろん,初期状態できちんと構成されていることが前提である。

その他の外乱もあり,非線形性もある。

有効数字0.1%の測定には,それなりの計器と環境が必要である。アナログエンジニアは計測された高ビットのデーターを単純に信じるほど甘くは無いのだ。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 獅子舞 | トップページ | 放熱片1 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 獅子舞 | トップページ | 放熱片1 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング