フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 加減算器の入力 | トップページ | 抵抗温度係数の調整 »

2008年3月12日 (水)

猫の子

我が家は基本的に猫派である。

しばらくペットとから遠ざかっていたが,近々猫を飼う事にした。

生後3週間で初対面。我が家のさちが見合いに行ったのだが,模様は黒トラ,白,茶色のきじなど4匹。

今回は室内で飼う予定なので,穏やかで人なつこい子猫を選ぶ方針だ。

一時は6匹飼っていたこともあるが,猫の性格は実にバラエティに富んでいる。

我が家の周辺でボス猫だった猫は,人にあまり愛想が良くなかったが雌猫にはかなり持てていた。発情期には1:nで庭で交尾する場面があった。模様は黒トラ。

今度は,ニャーと呼びかければニャーと答える子猫を予約。模様は茶きじ。

まだ乳離れしていないので,我が家に来るのは4月に入ってから。待ちどうしい。

猫をなでていると心がなごむ。しかし,猫は人間とはちょうどいい程度の距離を置いているペットである。犬とは違う。

アナログエンジニアは犬年生まれであるが,猫大好き人間である。

自分の周囲状況と自分の生き方とを巧みにバランスを取っているような気がする。

企業は犬的人間を求めるようであるが,アナログ回路を実践するとなると猫的バランス感覚が必要なようである。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 加減算器の入力 | トップページ | 抵抗温度係数の調整 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング