フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 少子化 1 | トップページ | 子猫の仕業 »

2008年5月26日 (月)

少子化 2

少子化は相対的に高齢者の増加となる。

親子とも加齢に伴う体力・気力の低下は当然,生じる。

深刻なのは,長距離介護である。

お金もかかるし,何よりも介護者が複数居ないとどうにもならない。

選択は2つ。自分が地元に帰るか,高齢の親を近くに呼び寄せるかだ。

地場産業が育っている地域ならまだ良い。そこで,子が再就職し親の面倒を見るチャンスがある。

兄弟が複数居るなら,2交代,3交代で親の介護をすることも何年かは可能であるがやっぱり厳しい。結局,子供達の複数いる都会近郊に呼び寄せた。一人っ子夫婦ではとてもできないだろう。

今,各企業の中で,人員の年齢構成がピラミッド型,あるいは人口の年齢分布より穏やかな企業は少ないのではないか。

もっと詳細に見ると,その中での要員構成は多くの企業の中で,先端部門に多数の若者達が配置されていることだろう。

アナログ回路もいまや基礎技術となり,要員は相対的に少ないと感じている。言葉を強めていえば,絶滅危惧種。

地道な自己トレーニングを必要なこの分野は,促成栽培が効かない。指導者も少なくなっている。

しかし,企業の一部の上層部には,技術の土台を支える基礎技術に関心を寄せる方もいらっしゃる。アナログエンジニアは残る人生ををそのために使おうとしている。

受け皿あっての技術伝承であると思う。そして,受け皿となる方たちの幸せな人生を願う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をアナログエンジニアによろしくお願いします。【押す】

« 少子化 1 | トップページ | 子猫の仕業 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング