フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 入門と実践 | トップページ | カンニング »

2008年5月 7日 (水)

技術の伝承雑感

技術・技能の伝承は,伝える相手の向上心なしに成り立たないであろう。

その裏返しが,技術・技能は盗むものであるとの表現に繋がる。この執着心,向上心が多くの若者に無いことが多い。

技術は急速に発展・複雑化してきている。マニュアルも整備されつつあるが,それでは明日の技術に繋がらないのではないか。基本的概念無しに,計測技術を知らないで工学技術の進歩は無いが,現在の技術はどこかのレベルでブッラックボックス化して考えざるを得ない状況にある。しかし,ひとたび基本的な問題が,表面化するとブラックボックス化するレベルを次第に下げて検討を深めることになる。

旧来の基本的な物理現象や工学問題は,学術的研究対象にはなりにくいし,各メーカーにおいても最先端の技術が華やかで,その分野をやらないと出世の可能性は低くなる。

その一方で,ここ数年,小中学校では考えること,学ぶことに再び力を入れ状況は改善されてきているが,ここしばらくは大学のレベル差は拡大すると感じている。高校物理を学ばないで,工学分野での新規なアイディアの創生やCAEツールの限界を知った上での使いこなしも難しい。

アナログエンジニアは,高校物理を入試に課さない大学を信用していない。あまりににも,基礎的概念が不足しており,本来高校で学ぶべきことを大学で教えざるを得ない状況になるためである。

日本には資源も無く国土も狭い。人口も1億と少々。

これからの近日未来は,資源の高騰とグローバルな人的資源のせめぎあいが続くと感じている。

人口でいえば,数億人を越える何カ国が教育に力を入れている。放置しておけば,それでなくとも創造力を発揮するする世代が少子化により減少している。日本は,日本の10倍の人口から選抜された優秀な,向上心の強い国に伍していけるのか?教える側の力量低下も当然問題になろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す

« 入門と実践 | トップページ | カンニング »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入門と実践 | トップページ | カンニング »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング