フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 接合容量 | トップページ | ノッキングポイント »

2008年5月15日 (木)

データーシート

いまでは部品のデーターシートを,インターネットで容易に入手することができる。

電子部品などでは必要な部分を型番検索で,ヒットさせることもできるし,製造者のサイトに入り要求事項を入れると部品の候補が瞬時に出てくる。

しかし,データーシートを読みこなして部品を使っているかに関しては,かなり心もとない。

使用条件がゆるければ,最大定格にだけ注意して選択すれば事足りる。

しかし,使い方が厳しいければ,データシートを隅々まで読む必要がある。

昔は,大口の顧客の立場で無い限り,紙ベースの分厚いデーターブックを有料で入手する必要があった。

当時は,データブックの初めの方にさまざまな注意事項や,使用事例,仕様の測定方法が記載されていた。現在は,意識的に「ご使用上の注意」の部分を読まないと,シートの読み方もわからない。

データシートを読みこなすには,どのようなパラメータが自分のつくろうとしている回路のどの特性に影響しているかの解析あるいは感覚が無いと難しい。

記載されたパラメータは,保証されている項目と例示されている項目がある。例示されている項目の特性は設計者自身の責任において,その挙動を掴んでおく必要がある。

データーシートを読めない(どの程度読めないかの問題はあるが)エンジニアは中堅クラスでも珍しくはない。

そういう私も,トランジスタのデータシートを自信を持って読めるようになったのは,30半ば過ぎからであった。

試験回路を組み,多数の部品のばらつきを調べたこともあった。

データーシートをよく読めないからといって,嘆く必要はない。しかし,厳しい条件で使用する部品の選定に際しては,問題とする項目について自分でもその影響を調べて必要があるだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をアナログエンジニアによろしくお願いします。【押す】

« 接合容量 | トップページ | ノッキングポイント »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/20961168

この記事へのトラックバック一覧です: データーシート:

« 接合容量 | トップページ | ノッキングポイント »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング