フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 正弦波発振回路 | トップページ | 希少金属 »

2008年5月29日 (木)

アナログ回路さまざま

アナログ電子回路と一言で分類されること多いが,その中には,個別部品で組む精密アナログ回路(DC-20MHz),集積化されたICの中で動作するAD/DAコンバータ類,FM帯間での送受信器,そしてGHz帯での通信技術などなどがある。

わたしは,センサとインターフェースを行うアナログ回路やその電源を扱うことが多い。

私のジャンルでは,かなり解析主導型設計が可能な場合が多い。

センサとのインターフェースを扱う以上,高校物理の範疇を越えたセンサの理解も必要である。

機械現象や化学現象も絡み合ってくることもある。生物学的知識の初歩を必要とする場合もある。

アナログエンジニアはこのようなジャンルでお仕事をさせていただいている。

強みは,多くの関連分野で相手の技術用語で渡り合えることだ。

精密アナログ回路の価値観,戦略は,私の信号源の大半を占める種々のセンサ群と,出力を受け取って信号を処理するA/Dコンバータとのインターフェースで決まる。

もちろん,電源システムも私の扱うべきジャンルである。

SW電源が普及した今,SWパルスが精密アナログ回路に混入することは避けられない。この要因を見切って,電源システムを組むことも重要である。細いパルスの混入とAC的絶縁はなかなか両立しない。このバランスを取ることもひとつのアナログエンジニアのバランス感覚である。

学術の中間領域で生きるアナログエンジニアにとって,物理と化学の素養は他のエンジニアとの違いを生じる原因のひとつとなっている。

精密アナログ回路は,回路額としては一般的と思えないが,その道一筋で40年以上やってきた。共同作業が可能な企業を命ある限り支援したいと願っている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 正弦波発振回路 | トップページ | 希少金属 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング