フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 破壊試験 | トップページ | 回路定数の決定法 »

2008年7月20日 (日)

車のリモコンドアロック

_2334 車のリモコンドアロック,A自動車会社製のもの複数車種で不具合がある模様だ。

写真は,そのリモコン鍵である。この形状を見ればどこのメーカかはユーザーの方であればわかる筈だ。

不具合状況は,鍵のリモコンボタンでドアロック操作を行うと,数秒後,時たまドアロックが解除になる。私の知人で3名以上の方が経験している。

ディーラーのサービスに伝えた方も複数いるが,サービス工場では不再現なのでまともには取り合ってくれないらしい。

治安の悪い国であれば,リコールを要する生命に係わる不具合についで重大な不具合だと思う。

私の知人だけでも同一不具合を経験しているので,全国では1万台あるいはそれ以上の台数で生じている不具合である可能性が高く,製造メーカもこの現象を把握していないことはありえないと考える。サービス工場の対応の仕方から,この不具合を無視するマニュアルが存在するかも知れないとかんぐりたくなる。

この手のリモコン装置は送信機(鍵)と車載受信機からなり,車載機には鍵のコードと4ないし5のドアロック機構の駆動回路があると思われる。状況から見て,鍵側のボタンの2重押しは考えにくいので,何らかのシステムバグの可能性もある。

A自動車会社の対応には,不誠意を感じる。不具合隠しの常套手段はクレームを無視することから始まる。

超一流メーカーといえども,次の買い替え時期には別メーカに乗り換えることを考えているユーザーが多数存在することを覚悟すべきであろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をアナログエンジニアによろしくお願いします。【押す】

追記:このような経験された方からのコメントをお待ちしています。

« 破壊試験 | トップページ | 回路定数の決定法 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 破壊試験 | トップページ | 回路定数の決定法 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング