フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 信号源抵抗と周波数特性 | トップページ | 回路屋の新人 »

2008年7月 4日 (金)

猫害

昨日から我が家の光通信系が壊滅状態だった。

光電話もインターネットもできない。

1日この状態になってみると,いかに自分が光ファイバーに依存していたか痛感させられる。

原因は,子猫が光ファイバーケーブルを壁とモデムの間を噛んだので,光ファイバーが断線。

昨日からサポートセンターへ電話し,保守サービス員が来るの今日は朝から待っていて,この時間に復旧。

ここのところ,細めのケーブルを齧られることが増えていた。

携帯充電器のケーブル断線。これは自分で直した。

マウスのケーブルは3ピースに切られた。ケーブルは細い4芯なので体裁よく再接続できず,買いかえた。

パソコン用ステレオスピーカの配線は切られ,そのACアダプターの出力線にも数個の噛み傷。もう使えない。

ケーブルの齧られ対策,あまり良案はない。

とりあえず,光ファイバーケーブルは分厚い本で囲い込み。

100Vの電源線はまだ無傷だが,これにも歯型がつくようだと我が家の電気器具の安全対策は根本から見直さなければなるまい。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をアナログエンジニアによろしくお願いします。【押す】

« 信号源抵抗と周波数特性 | トップページ | 回路屋の新人 »

日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日は当ブログにコメントありがとうございました。私自身は科学者であり、技術は聞きかじりです。またご意見いただけますとありがたいです。

猫、かわいいですね。私も好きです。床の配線はカバーできても、装置直近は難しいですね。

おやまあ、それは災難でしたね。
 それで、そのようなものをかじっちゃった猫ちゃんの方はお腹とか大丈夫だったんでしょうか? 光ファイバーをかじっても感電とかしないのでしょうか(おばかですいません)?
 旦那の生家もとうとう猫の外飼いをやめなくてはならないそうで、猫を室内に入れるべくただいま試行期間だそうですが、最近はそういうかじっちゃ困るものが室内に増えているのでもと野良君には厳しいような気がします。
 猫に限らず、大切な配線や電子機器などをペットから守るよい品はないものでしょうかねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信号源抵抗と周波数特性 | トップページ | 回路屋の新人 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング