フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« アナログ回路の使命1 | トップページ | 螺旋 »

2008年8月16日 (土)

猫と電源コード

昨日は家には誰も不在。

この間,家猫のチャー君が暇つぶしに電源コードで遊んだ模様。

家に戻ったとき,20W電源コードが2箇所で噛み切られていた。20W,AC100Vの並行2芯コードは細いので,噛み易いらしい。

このクラスのコードが居間にたくさんあるが,AC100Vラインを噛み切られて,半断線状態でショートすると火災の可能性もなくはない。これまではもっと細い2次側の線は切られたことがあるが,今度はもっと危険性が高い。動物に齧られてプラントが停止に追い込まれた例はたくさんある。

早速,大型電気店のパソコンコーナーで,ケーブル整理用品を大量に調達。(息子が調達)

数時間かかって,ケーブル類を整理,補強。危ない太さのコードは2重にガード。

今まで飼った猫はコードを齧らなかったが,チャー君は,今回で3度目のトラブル。前回より危険度はより高い。

猫の成長とともに,やられるコードの太さが太くなってきている。ハインリッヒの法則からすると,過剰なくらいの対策が必要な感触だ。3度もやられれれば,猫の歯の成長を見越しての家中のコード類の保護を考えざるを得ない。

『人気Blogランキング』の「自然科学」ランキングに参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« アナログ回路の使命1 | トップページ | 螺旋 »

日記」カテゴリの記事

コメント

知人の家ではウサギを飼っているのですが、
彼が先日帰宅したら、ウサギの髭がちぢれて
いるのを発見。良く見たらACコードを噛んでスパークし、そのアークで髭がちぢれた
ようでした。
 動物は懲りないらしく何度でも噛む
ため、火事になる可能性があるので
一生懸命コードを家具の後ろへ引き回し
直したそうです。

 私は昔、重電の会社に勤めていましたが、
ネズミによる制御線の切断、短絡や、
ヘビがキュービクルに入って33kV母線地絡
などの事故があったのを思い出しました。

ぎる様

再訪ありがとうございます。

前回は光ファイバーのルータへの引きこみ口を前歯で噛まれて,芯線が断線しました。このときは家具と厚い本で囲い込みました。今回は奥歯で切られていました。
強電の世界では,ネズミ害,蛇による母線短絡を対策するのは常識かもしれませんが,家の中で猫から電子機器を完全防御するのはちょっと苦しい。
居間だけの対策で1万円ほどかかりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アナログ回路の使命1 | トップページ | 螺旋 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング