フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 仮想短絡2 | トップページ | 60mV/桁 »

2008年8月 2日 (土)

長寿命サークライン

居間のサークライン蛍光灯を一斉に交換した。

天井灯なので案外交換が厄介で,机を移動させて長めの脚立を使う。

蛍光灯の実寿命には,ばらつきがあるので色もまちまち,切れたものや風前の灯の物がある。

全部で5灯×28W。5灯とも長寿命と称するサークラインに交換した。

今回は,少し高価だが長寿命を売りにしている製品を購入した。

通常品:定格寿命6000h 高グレード品:9000h そして長寿命品13000hと称している。

定格寿命を80%光量になるまでの時間と定義しているので,実寿命はもっと長いものと期待したい。

1日10h点燈(居間兼仕事場なので)として1300日,3-4年は大丈夫だろう。

一般に高信頼度や長寿命は製品として付加価値を付けて売りにくいのが通例である。すぐには結果が出ないので,ふつうの消費者はこれまでそのような製品を買いにくかった。このような製品が堂々と平積みで(流通業では売りたい製品を平台の上に並べて売るのです。本も同じ)

結果は3-4年後にでる。そのときに,まだこのブログが継続できていて「蛍光灯その後」の記事が書ければよいなと考えているアナログエンジニアである。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 仮想短絡2 | トップページ | 60mV/桁 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮想短絡2 | トップページ | 60mV/桁 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング