フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 箱根の秘密箱 | トップページ | 容量負荷 »

2008年10月23日 (木)

素子モデルと式

多くの工学では,基本的な物理・化学の現象を表す式を元にして現実の課題を式として表す。この表現式を用いて,戦略を立ててシミュレーションや実験,試作をおこなう。

基本的な物理・化学現象をあらわす式は数多くあるが,極めて高い精度で成立するものもあれば経験則に近いものもある。

電磁気現象に関する公式はかなり良い精度で成り立つものが多いと感じている。

電子回路では,素子の数式モデルから出発し,キルヒホッフの法則などを用いて文字係数のまま多元連立方程式を解くことで,回路特性を公式化する。

この過程で,私は移項の失敗や各項間の次元の不一致などかなりの頻度で生じる。(中・高校レベルのミス)

この対策として,より簡略化したモデルで予備計算を行い,次に本番の計算をおこなったりする。複雑な課題では同じモデルを使ってシミュレーションで解の妥当性を確かめることもある。

次の段階は試作となる。アナログ回路ではたびたび予想外の現象が生じる。回路のダイナミックレンジの端や負荷駆動能力の限界付近での予想精度は線形領域より劣るので,その挙動を現実の部品を用いて種々の側面から検討するのだ。そして,予測と現実の偏差をもとに,さらに詳細なモデルを構築していく。この繰り返しである。

確実な式の変形能力,結果の見やすい整理方法などは,経験で培った。

式は強力であるが,定性的説明に比べると凝縮された結論であるがため実感が湧くまでには,種々の数値を与えて自分の感性となるまでアナログエンジニアはケーススタディを行う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 箱根の秘密箱 | トップページ | 容量負荷 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根の秘密箱 | トップページ | 容量負荷 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング